So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンコウラン(岩高蘭) [ガンコウラン科]


239-11 ガンコウラン科 ガンコウラン属

ガンコウラン科は北半球寒帯や高山、南米のアンデス山脈等に分布する常緑小低木。日本では "ガンコウラン”種のみが、本州の高山と北海道に自生している。



 

  1.ガンコウラン ~ Empetrum nigrum var. japonicum

11-1ガンコウラン仙台.jpg

マット状に広がる ガンコウラン(岩高蘭)


11-2ガンコウラン白山.jpg

球形で黒い果実


11-3ガンコウラン白山.jpg

上画像を部分拡大


撮 影 : 1枚目:仙台市野草園 2013. 7.13.  2~3枚目:白山 2012.10. 6
Memo: 北海道と中部地方以北の亜高山帯~高山帯のハイマツ林の縁、砂礫地、岩隙などに生育する。茎は地を這って広がる。 花期は5~6月と、高山に咲くでも花の中でも開花時期が早い。果実は黒い球形で食べられる。


次回へ ・・・・・ 続きます


エリカ・カルネア [ツツジ科]


237-41 ツツジ科 エリカ属 

 

  1.エリカ・カルネア ~ Erica carnea 

11-1エリカ属 carnera.jpg

トレチーメの苦灰岩大地の岩場に広がる  Erica carnea の群落 


11-2エリカ属 carnera.jpg

濃いピンク色の花冠


11-3エリカ属 carnera.jpg

撮 影 : ドロミテアルプス  2016. 7. 6.   
                        
Memo: エリカ属の常緑小低木。ヨーロッパの中部から南部、北アフリカの山地や高山の砂礫地や荒れ地に生育。高さは10~25cmで、針状の葉が4個が輪生する。早春から夏にかけて総状花序に花をつけ、円筒状で5~6mmで、濃い紅色(まれに白色)の花冠を付ける。


  2.ドワーフ・ヒース

12-1ドワーフヒース.jpg


12-2ドワーフヒース.jpg


撮 影 : ニュージーランド・マウントクックの麓で  2015.11. 7.
                        
Memo:THE HERMITAGE HOTELからアオラキ・マウントクック国立公園のハイキングに出かけた。その途中で出会った花。エリカ属の仲間ということはわかったが、詳しい情報があまりない。


次回へ ・・・・・ 続きます



 


コケモモ(苔桃) [ツツジ科]


 

237-31 ツツジ科 スノキ属 

常緑または落葉の低木。葉は互生する。花冠はつぼ形または鐘形で、先端が浅く4-5裂、または基部まで深く裂け、裂片が著しく反り返るものもある。果実は甘酸っぱく熟す。クランベリーやブルーベリー、コケモモ、ビルベリーなどの果樹を多く含む。



 

   1.コケモモ Vaccinium vitis-idaea var. minus

11-1コケモモ奥白根.jpg

コケモモ~苔桃~


11-2コケモモ五色ケ原.jpg

花冠は鐘形 淡い紅色を帯びた白色 先端が4裂する


11-3コケモモ早池峰.jpg

液果は球形 赤く熟す


11-4コケモモチロル.jpg

葉は全縁 新緑色 光沢がある


撮 影 : 1枚目:奥白根山 2013. 7. 6.    2枚目:五色ヶ原  2014. 7.30
     
             3枚目:早池峰山  2012. 8.11         4枚目:チロルアルプス 2016. 7. 2
Memo: 北海道、中部地方以北、四国の亜高山帯上部~高山帯の林縁や草地、岩礫地に生育する常緑小低木。地下茎は地中を這い、よく分岐する。葉の縁は全縁で表面は光沢がある。花は赤みを帯びた白色で下向きにつく。花冠は鐘形で、先端が浅く4裂する。果実は甘酸っぱく、生食したり、ジャムや果実酒にする。


  2.クロマメノキ V. uliginosum

12-1クロマメノキ四阿.jpg

クロマメノキ(黒豆の木)


12-2クロマメノキ.jpg

花は白色~淡紅色 花柄も赤みを帯びる 


12-3クロマメノキ奥白根.jpg

花冠は筒状つぼ形 先端が浅く5裂する


12-4クロマメノキ奥白根.jpg

12-5クロマメノキ御嶽1.jpg 12-5クロマメノキ御嶽2.jpg

花冠は筒状つぼ形 先端が浅く5裂する


12-6クロマメノキ湯の丸山.jpg

黒く熟した果実 ブルーベリーの仲間でアサマブドウとも呼ばれる


撮 影 : 1~2枚目:四阿山 2014. 6.24.    3~4枚目: 奥白根山  2013. 7. 6
     
             3~4枚目:御岳山  2011. 7.22.       5枚目   : 湯野丸山・烏帽子岳 2015.10. 1.
Memo: 北海道、中部地方以北の亜高山帯~高山帯の砂礫地・岩礫地の草原や高層湿原、低木林の縁に群落をつくる落葉小低木。葉は全縁で、両面は無毛。表面はやや青みを帯びた緑色だが、裏面はやや白みを帯びて網目模様の葉脈が目だつ。花は白色または淡い紅色で下向きにつく。花冠は筒状のつぼ形。液果は球形~楕円形で、熟すと藍黒色となる。甘酸っぱく、生食の他ジャムや果実酒になる(長野県ではアサマブドウとして食用にされる)。


  3.クロウスゴ V. ovalifolium


13-1クロウスゴ早池峰.jpg

クロウスゴ (黒臼子) 黒紫色の果実 葉は全縁

撮 影 : 早池峰山 2012. 8. 11.    
     
Memo: 北海道、中部地方以北の亜高山帯~高山帯の針葉樹林の中や縁に生育する落葉低木。若い枝には著しい稜があり緑色。枝先が赤みを帯びこともある。花は緑白色(赤みを帯びることもある)。花冠はつぼ形で先端が浅く5裂する。液果は熟すと黒紫色となり、白粉をかぶる。


  4.マルバウスゴ V. ovalifolium var.shikokianum


14-1マルバウスゴ五色ケ原.jpg

マルバウスゴ(丸葉臼子)


14-2マルバウスゴ月山.jpg

花冠は扁平なつぼ形 葉縁に細かい鋸歯


14-3マルバウスゴ1五色ケ原.jpg 14-3マルバウスゴ2.jpg

  花冠の先端は浅く5裂する   果実の先の凹型のへこみが餅つきの臼に見える


 14-5マルバウスゴ.jpg

撮 影 : 1、3枚目:五色ヶ原 2014. 7. 30.  2枚目: 月山 2011. 7.17 

             4、5枚目:大日岳  2013. 9.21.
 
Memo: 中部地方以北の日本海側のハイマツ林やその林縁に生育する落葉低木。葉の縁には細かい鋸歯があり、脈は裏面に隆起する。花の色は緑白色で、花冠は扁平なつぼ形。果実は熟すと黒紫色となる。


  5.オオバスノキ V.  smallii  

15-1オオバスノキ月山.jpg

オオバスノキ (大葉酢の木)


15-2オオバスノキ月山.jpg

つぼ形の花冠の先端は浅く5裂 反り返る


15-3オオバスノキ月山.jpg

花冠の色は黄緑色で筋状に赤みを帯びる

撮 影 : 1~2枚目:月山 2014. 7.  5.  3枚目:月山 20 11. 7.17

Memo: 北海道、中部地方以北の亜高山帯~高山帯低木林やハイマツ林の林縁に生育する落葉低木。前年の枝先から総状花序を伸ばし、黄緑色で筋状に赤みを帯びた花を1~4個付ける。花冠は鐘形で、先端は浅く5裂し先は反曲する。果実は熟すと黒紫色となる。





 

  6.ウスノキ V.  hirtum   

16-1ウスノキ御嶽.jpg

ウスノキ(臼の木)


16-2ウスノキ御嶽.jpg

5稜ある卵状球形の果実


16-3ウスノキ.jpg

液果は赤くに熟し、やや5角に角ばる


撮 影 : 1、2枚目:御岳山 2011. 7. 22.  3枚目: 山形市野草園 2013. 7.13. 

Memo: 北海道、本州、四国、九州の北部の山地の日当たりの良い岩場に生育。若い枝は緑色になり稜がある。花は前年の枝先から1-2個下向きにつける。花は黄緑色で赤みを帯びた鐘形する。液果はあかく熟す。萼筒は広い鐘形で、5稜がある。先端は広がって5裂し裂片は広3角形となる。

 


次回へ ・・・・・ 続きます


ツルコケモモ(蔓苔桃) [ツツジ科]


 

237-30 ツツジ科 ツルコケモモ属 



 

   1.ツルコケモモ ~ Oxycoccus quadripetalus ~

11-1ツルコケモモ湯ノ湖.jpg

ツルコケモモ ~蔓苔桃~ 

葉は革質で互生し、裏面は粉白色。茎はミズゴケの中を分岐しながら這って広がる。


11-2ツルコケモモ湯ノ湖.jpg

花冠は4全裂 先端が反り返る


撮 影 : 奥日光湯ノ湖 2013. 7. 7.   
                        
Memo: 北海道、中部地方以北の亜高山帯~高山帯に生育する常緑小低木。高層湿原のミズゴケの中を分岐しながら這う。花は紅紫色で、葉腋の下に下向きに咲く。花冠は4つに前裂し、先端は反り返る。液果は直径1cmほどの球形で赤色に熟し、クランベリーとして食用にされる。




 

   2.シロバナツルコケモモ O. quadripetalus f. oblongicarpus

12-1シロバナヒメツルコケモモ山形市野草園.jpg 

シロバナツルコケモモ(白花蔓苔桃)

撮 影 : 山形市野草園 2013. 7.13.   
                        
Memo: 北海道、中部地方以北の亜高山帯~高山帯に生育する常緑小低木。高層湿原のミズゴケの中を分岐しながら這う。ツルコケモモの白花品種。液果は赤く熟し、食用にされる。


次回へ ・・・・・ 続きます


シラタマノキ(白玉の木) [ツツジ科]


237-29 ツツジ科 シラタマノキ属 



   1.シラタマノキ Gaultheria pyroloides var. miqueliana

11-1シラタマノキ御嶽.jpg

シラタマノキ(白玉の木)


11-2シラタマノキ旭.jpg

卵~球形のつぼ形の ~ 花 ~


11-3シラタマノキ大日岳1.jpg 11-3シラタマノキ大日岳2.jpg

 果実 ・・・潰すとサロメチールの臭いがする・・・


11-4シラタマノキ大日岳.jpg

果実

撮 影 : 1 枚目  :御岳山 2011. 7.22.        2枚目:大雪山旭岳 2012. 7. 24.
             3~4枚目:大日岳 2013. 9.21、22.  
            
Memo:北海道、大山及び本州中部以北の亜高山帯~高山帯の草地や林縁に生育する落葉小低木。枝上部の葉腋に白い花を1~6個付ける。花冠は卵~球形のつぼ形で、先端は浅く5裂し反り返る。花後、萼が肥大して果実を覆って白い玉状になる。果実の赤いアカモノ(イワハゼ)に対して、白い果実をつけることから別名シロモノと呼ばれる。


  2.イワハゼ ~ G. ovatifolia ssp. adenothrix

12-1イワハゼ山形.jpg

イワハゼ(岩黄櫨)


12-2イワハゼ月山.jpg

花柄の萼は濃い紅色で、長い開出毛がある


12-3イワハゼ月山.jpg 12-3イワハゼ五色ケ原1.jpg

花冠の先は外にカールする


12-4イワハゼ.jpg

赤い果実

撮 影 : 1枚目:山形市野草園 2013. 7.13.        2,5枚目:月山 2014. 7. 5.
             3枚目:五色ヶ原   2014. 7.29.        4枚目   :月山 2011. 7.17. 
            
Memo:北海道、本州、四国の山地帯~高山帯下部の林縁に生育する落葉小低木。若い枝には赤褐色の長い開出毛がある。花は白〜淡い桃色で鐘形、浅く5裂する。果実は赤く熟す。赤く熟すので“アカモノ”ともいい、実は食べられる。



次回へ ・・・・・ 続きます


ウラシマツツジ(裏縞躑躅) [ツツジ科]


237-28 ツツジ科 ウラシマツツジ属  



  1.ウラシマツツジ Arctous alpina ~

11-1ウラシマツツジ黒岳.jpg

ウラシマツツジ(裏縞躑躅) 

球状の液果は熟すと黒紫色になる。


11-2ウラシマツツジ木曽駒.jpg

葉の表面は葉脈がへこみ、裏面で突出する。そのため、いちじるしい網目模様が目立つ。


11-3ウラシマツツジ木曽駒.jpg

高山では最も早く紅葉する


11-4ウラシマツツジ仙丈ヶ岳.jpg

ハイマツの緑色や岩の灰色、空の青色を背景に紅葉が目立つ


撮 影 : 1枚目:大雪山黒岳 2012. 7.26.    2枚目:木曽駒ヶ岳 2011. 7. 30.
             3枚目:木曽駒ヶ岳 2013.10.12.   4枚目:仙丈ヶ岳 2015. 9.19.
            
  
Memo: 北海道と本州中部地方以北の高山帯の岩礫地や草地に生育する落葉小低木。茎は地面を這い、所々で分岐して斜めに伸び上がる。葉が枝先にまとまってついているため、根元から直接出ているように見える。葉の裏面に網状の脈が目立つ。秋には真っ赤に紅葉する。花冠はつぼ形で、先端が浅く5裂する。


次回へ ・・・・・ 続きます


ミネズオウ(峰蘇芳) [ツツジ科]


237-27 ツツジ科 ミネズオウ属  

  1.ミネズオウ ~ Loiseleuria procumbens



11-1ミネズオウ五色ケ原.jpg

ミネズオウ(峰蘇芳)


11-2ミネズオウ五色ケ原.jpg

厚い葉を対生する 花冠は上向きに開く


11-3ミネズオウ山形市野草園.jpg

花冠の色は赤みを帯びた白色


11-4ミネズオウ鬼押出.jpg

 花は3~5個つくというが、7~8個つくものもあるようだ


撮 影 : 1~2枚目:五色ヶ原 2014. 7.29.    3枚目:山形市野草園 2013. 5. 9.
             4枚目   :鬼押出し園 2015. 6.26.
            
  
Memo: 北海道と本州中部地方以北の高山帯の岩礫地や岸壁に生育する常緑小低木。地面を這って分岐し広がる。枝先に赤みを帯びた白色で上向きの花を3~5個付ける。花冠は鐘形。ミネズオウ属は本種のみの一属一種。


次回へ ・・・・・ 続きます


チシマツガザクラ(千島栂桜) [ツツジ科]


237-26 ツツジ科 チシマツガザクラ属 



  1.チシマツガザクラ ~ Bryanthus gmelinii

11-1チシマツガザクラ黒岳.jpg

大群落 チシマツガザクラ ~千島栂桜~


11-2チシマツガザクラ黒岳.jpg

ウラシマツツジ(葉)に混じって咲く チシマツガザクラ


11-3チシマツガザクラ.jpg

花冠は4裂して平開する


11-4チシマツガザクラ黒岳.jpg

蕾は鮮やかな紅色でよく目立つ


撮 影 大雪山黒岳 2012. 7.26 
            
  
Memo: 北海道と本州早池峰山の高山帯の礫地や岩隙に隔離分布する常緑小低木。茎は地面を這い、分岐して広がる。花は淡紅色で、枝先に2~10個つく。花冠が基部まで4つに裂けている。萼は有毛で深く4裂する。チシマツガザクラ属は本種のみの一属一種。


次回へ ・・・・・ 続きます


イワヒゲ(岩髭) [ツツジ科]

237-25 ツツジ科 イワヒゲ属 


  1.イワヒゲ ~ Cassiope lycopodoides ~ 

11-1イワヒゲ奥白根.jpg
岩隙に根を張る イワヒゲ(岩髭) 

11-2イワヒゲ奥白根.jpg
つぼ状鐘形の花冠の先端は5裂して反り返る

11-4イワヒゲ黒岳.jpg
枝の上部の鱗片葉の腋から花柄を伸ばし花を付ける

11-5イワヒゲ奥白根.jpg
花冠は長さ8mm程度だが、葉・枝と比較して大きく、群落の中でよく目立つ 

11-6イワヒゲ木曽駒.jpg 鱗片状の葉を密生した枝が地を這う

撮影  : 1,2,4枚目:奥白根山 2013. 7. 6.      3枚目:大雪山黒岳 2012. 7.26. 
               5枚目      :木曽駒ヶ岳 2011. 8.21. 
  
Memo: 北海道、本州中部地方以北の高山帯の岩隙や礫地に生育する常緑小低木。茎は地面を這って分岐し、鱗片状の葉を密に枝に付ける。枝の上部から長さ3cm位の花柄を伸ばし、白色(淡い紅色を帯びることもある)でつぼ状鐘形の花を下向きに付ける。


次回へ ・・・・・ 続きます

コメバツガザクラ(米葉栂桜) [ツツジ科]

 
 273-24 ツツジ科 コメバツガザクラ属
 
 
  1.コメバツガザクラ ~Arcterica nana~ 
 
11-1コメバツガザクラ旭.jpg
 
コメバツガザクラ(米葉栂桜) 
 
 
 
11-2コメバツガザクラ奥白根.jpg
 
蒴果(先端に花柱が残っている)  と  花(中央の白いのが花) 
 
 
 
11-3コメバツガザクラ白山.jpg
 
葉は3枚輪生し、枝先に1~3個の花(蕾)を下向きに付ける 
 
 
 
11-4コメバツガザクラ白山.jpg
 
枝はよく分岐して大群落となる 
 
 
 
撮 影 : 1 枚目  :大雪山旭岳 2012. 7.24.   2枚目:2013. 7. 6. 奥白根山
     3~4枚目: 白山 2012.10. 6.
 
Memo: 北海道、 本州中部地方以北、大山等の亜高山帯~高山帯の砂礫地や岩隙に生育する落葉小低木。 葉は3個ずつ輪生し、葉の縁は裏側に少し反っている。花は白色、花冠はつぼ形で先端が浅く5裂する。
 
 
 
 
次回へ ・・・・・ 続きます