So-net無料ブログ作成
ガンコウラン科 ブログトップ

ガンコウラン(岩高蘭) [ガンコウラン科]


239-11 ガンコウラン科 ガンコウラン属

ガンコウラン科は北半球寒帯や高山、南米のアンデス山脈等に分布する常緑小低木。日本では "ガンコウラン”種のみが、本州の高山と北海道に自生している。



 

  1.ガンコウラン ~ Empetrum nigrum var. japonicum

11-1ガンコウラン仙台.jpg

マット状に広がる ガンコウラン(岩高蘭)


11-2ガンコウラン白山.jpg

球形で黒い果実


11-3ガンコウラン白山.jpg

上画像を部分拡大


撮 影 : 1枚目:仙台市野草園 2013. 7.13.  2~3枚目:白山 2012.10. 6
Memo: 北海道と中部地方以北の亜高山帯~高山帯のハイマツ林の縁、砂礫地、岩隙などに生育する。茎は地を這って広がる。 花期は5~6月と、高山に咲くでも花の中でも開花時期が早い。果実は黒い球形で食べられる。


次回へ ・・・・・ 続きます


ガンコウラン科 ブログトップ