So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

ダイモンジソウ(大文字草) [ユキノシタ科]



289-11  ユキノシタ科 ユキノシタ属

ユキノシタ属の学名 (Saxifraga) は「saxum=岩」と「frago=割る」の2語のラテン語から造られている。岩の間に咲く花ということからなのだろう。



  1.ダイモンジソウ ~ Saxifraga fortunei var. incisolobata 

11-1ダイモンジソウ.jpg

ダイモンジソウ(大文字草)

撮 影:  栽培  2007. 10. 20.  

Memo:   山地のあまり陽光が当たらない湿った岩場や渓谷の岩上に生える多年草。名前は花の形が「大」の字に似ることからきているが、栽培品には八重咲きや花弁に切れ込みが入るものが多くなってきている。



  2.ミヤマダイモンジソウ ~ S. fortunei var. alpina~ 

12-1ミヤマダイモンジソウ.jpg

ミヤマダイモンジソウ (深山大文字草) 


撮 影:  早池峰山  2011.  8. 11.  

Memo: ダイモンジソウの高山種で、本州中部以北の亜高山帯~高山帯の湿った岩場や草地に生育。ダイモンジソウに較べ花びらが短く下の花びら2個は極端に長くならず、5個の花弁の長さが不揃いの場合が多い。



  3.ホシザキユキノシタ ~ S. stolonifera Curtis f. aptera ~

13-1ホシザキユキノシタ.jpg

ホシザキユキノシタ(星咲雪ノ下)


13-2ホシザキユキノシタ.jpg

撮 影:  筑波実験植物園  2015.  5. 14.  

Memo: ユキノシタの品種で筑波山で発見された日本固有種。ユキノシタは下側の2枚の花弁が長いのが普通だが、本品種は上側の3枚の花弁と同じくらいの長さで花弁の幅が狭い。下の花弁が退化して雄しべとなっているものもある。通常の雄しべと共に放射相称になって星形の花に見える。



  4.ムラサキクモマグサ ~ S. oppositifolia

21-1ムラサキクモマグサ.jpg

 苦灰岩質の岩場の所々に群生する ~ムラサキクモマグサ~


21-2ムラサキクモマグサ.jpg

白っぽい岩場の中で紅紫色~紫色の5枚の花弁が目立つ


21-3ムラサキクモマグサ.jpg

撮 影: ドロミテアルプス・ラガツォイ展望台付近  2016.  7.  5.  

Memo: 別名:ムラサキユキノシタ、イワツヅリ。寒冷地の湿気のある岩場や岩の裂け目、石の多いところに生育。根生葉はロゼットの葉沈を形成する。花は広披針形~卵形で、紅紫色~紫色の5枚の花弁で、茎頂の単花で咲く。



  5.ユキノシタ属・アイゾイデス  ~ S. aizoides

22-1ユキノシタ属 aizoides.jpg

川原の石に間から顔を出す ~ユキノシタ属・アイゾイデス ~

撮 影: ドロミテアルプス・パステルツェ氷河周辺  2016.  7.  8.  

Memo: 日当たりの良い川原や石の多いところに生育。狹披針形の葉は多肉質で縁には毛がある。茎は分岐し広く横に這う。頭頂に5~10個位のレモンイエロー~橙色の花を付ける。



  6.ユキノシタ属 ブリオイデス ~ S. bryoides

23-1ユキノシタ属 bryoides.jpg

大きな岩にロゼット葉が広がる


23-2ユキノシタ属 bryoides.jpg

5枚の花弁の内側に赤橙色の斑点


23-3ユキノシタ属 bryoides.jpg

一本の花茎の先端に花が付く

撮 影: チロルアルプス・ホッホデルゼン高原  2016.  7.  2.  

Memo: 小さな披針形の葉がロゼットで広がり、密集して葉沈を形成する。茎葉は互生する。どちらの葉にも縁に毛がある。葉の間から花茎を伸ばし、頭頂に単花を付ける。白い5枚の花弁の内側は淡黄色で赤橙色の斑点がある。



 

7.ユキンシタ属・パニクラータ  ~ S. paniculata

24-1ユキノシタ属 paniculata.jpg

岩の隙間に立ち上がる(草丈葯20cm) ~ユキンシタ属・パニクラータ~


24-2ユキノシタ属 paniculata.jpg

多数の小花を茎の上部に付ける


24-3ユキノシタ属 paniculata.jpg

撮 影: ドロミテアルプス・パステルツェ氷河周辺  2016.  7.  8.  

Memo: 広い草原や崖に多く生育。ロゼット葉は卵形で灰緑色、鋸歯があり、長さは1~3cm位。茎葉は直立した茎に互生する。茎上部に5~40個位の小花を円錐状に付ける。花弁は白色で、ときに赤い斑点がある。 



  8.ユキノシタ属・ステアリス ~ S.  stellaris

25-1ユキノシタ属 stellaris.jpg

小川の土手付近に咲く ~ユキノシタ属・ステアリス~ 葉に光沢がある


25-2ユキノシタ属 stellaris.jpg

茎の上部に集散花序


25-3ユキノシタ属 stellaris.jpg

花弁にはそれぞれ2個の黄色い斑点

撮 影: チロルドロミテアルプス 1枚目:2016.7.3    2枚目:2017.7.8     3枚目:2016.7.2  

Memo 日当たりの良い小川の土手や湿地に生育。ロゼット葉は倒卵形で光沢があり、先端は粗い鋸歯縁。茎上部に3~15個の白い小花を付ける。花弁は5枚で、それぞれの花弁に2個ずつの黄色の斑点がある。 



次回へ ・・・・・ 続きます


ヒダカミセバヤ(日高見せばや) [ベンケイソウ科]


291-13  ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属

  1.ヒダカミセバヤ ~ Sedum cauticolum

11-1ミセバヤ.jpg

ヒダカミセバヤ(日高見せばや)


11-2ミセバヤ.jpg11-4ミセバヤ.jpg

花弁は5枚で披針形 花弁も子房もピンク色

11-3ヒダカミセバヤ.jpg

撮 影: 栽培  (1,2,4枚目 2014.9.21. 3枚目:2014. 9.16.) 

Memo:   北海道東部の海岸や山地の岩場に生育。9~10月頃桃紅色の房状の花を茎の先端に付ける。ミセバヤは日本古来より万葉の植物として親しまれている多年草。。「ミセバヤ」の意味は、この花の美しさを「誰に見せようか」という意味で、それほど美しいことから付けられたという。


イワベンケイ(岩弁慶) [ベンケイソウ科]



291-12  ベンケイソウ科 イワベンケイ属



  1.イワベンケイ ~ Rhodiola rosea

11-1イワベンケイ .jpg

イワベンケイ(岩弁慶)


11-2イワベンケイ .jpg

雌株の花ははじめ黄緑色で、受精すると赤くなる


11-3イワベンケイ.jpg

葉が落ちた後の実は(ドライフラワーとして)翌年まで残る


11-4イワベンケイ.jpg

撮 影: 1,2枚目:木曽駒ヶ岳  2011. 8.21.   3,4枚目: 仙丈ヶ岳  2015. 9.19

Memo:   北海道や本州中部地方以北の亜寒帯~高山帯の風当たりの強い岩礫地や砂礫地に生育する多年草。葉は肉質で粉白を帯び、縁はほぼ全縁ないしは浅い鋸歯がある。花期は7月~8月。雌雄異株で雄株の花は黄色がかり、雌株の花は赤みを帯びる。



  2.ホソバイワベンケイ ~ R. ishidae

12-1ホソバイワベンケイ.jpg

ホソバイワベンケイ(細葉岩弁慶)


12-2ホソバイワベンケイ.jpg

受精後の子房は赤くなる


撮 影:  月山  2014. 7. 5.  

Memo:   北海道や本州中部地方以北の高山帯風当たりの強い岩礫地に生育する雌雄異株の多年草。葉は肉質で先端が三角形状、状半部分に鋸歯がある。花期は7月~8月。花弁は黄緑色。子房は最初黄緑色だが、受精すると赤くなる。





次回へ ・・・・・ 続きます


リュウキンカ(立金花) [キンポウゲ科]


303-16 キンポウゲ科 リュウキンカ属



  1.リュウキンカ ~Caltha palustris var. nipponica

11-1リュウキンカ.jpg

リュウキンカ(立金花)


11-2リュウキンカ.jpg

立金花の由来は ・・・ 茎が直立し、黄金色の花をつけることから


11-3リュウキンカ.jpg

葉は円心形~腎円形で、浅い鋸歯がある


11-4リュウキンカ.jpg


撮 影: 1~2枚目: 山形市野草園 2013. 5. 9.    2枚目: 戸隠森林植物園 2012. 6. 2.      

     4枚目  :戸隠森林植物園2011. 5. 8. 

Memo: 本州・九州の山地帯の湿地の生育する多年草。根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉は円心形~腎円形で、浅い鋸歯がある。茎葉は茎の上部につき、小さくて柄がほとんどない。花茎の高さは15~50cm位。花期は5~7月。黄色の花弁状に見えるのは萼片で、ふつう5個、まれに6~7個つく。基準種はヨーロッパ。



  2.リュウキンカの母種  C. pulustris ~ 

12-1リュウキンカ属 pulustris.jpg

トレチーメのLangalm小屋近くの水場に咲く ~ 日本の立金花の母種? ~


12-2リュウキンカ属 pulustris.jpg

黄色の花弁状に見えるのは萼片


12-3リュウキンカ属 pulustris.jpg


撮 影:  ドロミテアルプス・ 2016. 7.  6.   

Memo:  日本のリュウキンカやエンコウソウなどの母種に当たる(?)。根出葉は束生し、長い柄がある。葉は心形~腎円形で純鋸歯がある。茎葉はほとんど柄がなく小さい。


  3.エンコウソウ  C. pulustris  var. enkoso ~ 

13-2エンコウソウ.jpg

エンコウソウ(猿喉草)

花弁状に見えるのは萼片。ふつうは5枚だが、この花は6枚(下の画像は7枚)ある。


13-3エンコウソウ.jpg

地面を這うように伸びる茎


13-1エンコウソウ.jpg


撮 影:  アルプの里  2015. 6. 18.   

Memo: 北海道~本州の低地や山地の湿地や水辺に生育する。葉は腎円形で、縁には粗い鋸歯がある。 葉には艶があり、葉のつけ根の部分は重ならず開いている。茎先が斜上し、黄色い花をつける。 花は普通は2輪ずつつく。 「猿候」というのは手長猿ないし河童の別名。 地面を這う茎を手長猿の手に見立てたものだという。



次回へ ・・・・・ 続きます


オキナグサ(翁草) [キンポウゲ科]


303-15 キンポウゲ科 オキナグサ属

北半球の暖帯以北に広く分布し、日本では2種(オキナグサ、ツクモグサ)が生育。直立または斜上する太い根茎がある。根出葉は、羽状複葉~掌状複葉~3出状の複葉となる。根出葉の腋から花茎を立てる。茎につく葉は3枚が輪生する。若い時の葉は長い白毛で被われる。花後に花柱の長い白毛がさらに伸長し、羽毛状になる(イチリンソウ属との違い)。



  1.オキナグサ ~ Pulsatilla cernua

11-1オキナグサ.jpg

栽培のオキナグサ(翁草)


11-3オキナグサ北欧.jpg

茎や花には全体的に白い毛で覆われる


11-4オキナグサ北欧.jpg

花後は種子が付いた白い綿毛となる


撮 影: 1枚目: 山形市野草園 2013. 5. 9.    2~3枚目: 北欧の旅の途中で 2012. 7. 3       

Memo: 山地の日当たりのよい草原や河川の堤防などに生育。根出葉は2回羽状複葉で長い柄で束生し、小葉はさらに深裂する。茎葉は3枚が輪生し、無柄で基部が合着し、先は線状の裂片になる。全体的に白い長い毛におおわれる。花期は4~5月。花茎の先端に暗赤紫色の花を1個つける。開花の頃はうつむいて咲くが、後に上向きに変化する。花弁にみえる萼片は6枚で、外側は白い毛でおおわれる。



  2.オキナグサの仲間 ~ Pulsatilla apiifolia

12-1オキナグサ属 apiifolia.jpg

チロルアルプスの大草原(遠くの黄色の花はキンポウゲの仲間)


12-2オキナグサ属 apiifolia.jpg

茎頂に杯形の単花を付ける 葉や茎は白毛に覆われている


12-3オキナグサ属 appifolia.jpg


撮 影: 1~2枚目: チロルアルプス・ホッホデルゼン 2016. 7. 2.   

       3枚目    : チロルアルプス・ホーエムート 2016. 7. 3.       

Memo: 日当たりの良い草地でアルカリ状の土壌の土地に好んで生育。根生葉は長い柄をもち束生し、茎葉は3枚が輪生する。葉は3出複葉で小葉は2回3出複葉に裂ける茎葉共に白毛に覆われる。



次回へ ・・・・・ 続きます



2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ