So-net無料ブログ作成
検索選択

リュウキンカ(立金花) [キンポウゲ科]


303-16 キンポウゲ科 リュウキンカ属



  1.リュウキンカ ~Caltha palustris var. nipponica

11-1リュウキンカ.jpg

リュウキンカ(立金花)


11-2リュウキンカ.jpg

立金花の由来は ・・・ 茎が直立し、黄金色の花をつけることから


11-3リュウキンカ.jpg

葉は円心形~腎円形で、浅い鋸歯がある


11-4リュウキンカ.jpg


撮 影: 1~2枚目: 山形市野草園 2013. 5. 9.    2枚目: 戸隠森林植物園 2012. 6. 2.      

     4枚目  :戸隠森林植物園2011. 5. 8. 

Memo: 本州・九州の山地帯の湿地の生育する多年草。根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉は円心形~腎円形で、浅い鋸歯がある。茎葉は茎の上部につき、小さくて柄がほとんどない。花茎の高さは15~50cm位。花期は5~7月。黄色の花弁状に見えるのは萼片で、ふつう5個、まれに6~7個つく。基準種はヨーロッパ。



  2.リュウキンカの母種  C. pulustris ~ 

12-1リュウキンカ属 pulustris.jpg

トレチーメのLangalm小屋近くの水場に咲く ~ 日本の立金花の母種? ~


12-2リュウキンカ属 pulustris.jpg

黄色の花弁状に見えるのは萼片


12-3リュウキンカ属 pulustris.jpg


撮 影:  ドロミテアルプス・ 2016. 7.  6.   

Memo:  日本のリュウキンカやエンコウソウなどの母種に当たる(?)。根出葉は束生し、長い柄がある。葉は心形~腎円形で純鋸歯がある。茎葉はほとんど柄がなく小さい。


  3.エンコウソウ  C. pulustris  var. enkoso ~ 

13-2エンコウソウ.jpg

エンコウソウ(猿喉草)

花弁状に見えるのは萼片。ふつうは5枚だが、この花は6枚(下の画像は7枚)ある。


13-3エンコウソウ.jpg

地面を這うように伸びる茎


13-1エンコウソウ.jpg


撮 影:  アルプの里  2015. 6. 18.   

Memo: 北海道~本州の低地や山地の湿地や水辺に生育する。葉は腎円形で、縁には粗い鋸歯がある。 葉には艶があり、葉のつけ根の部分は重ならず開いている。茎先が斜上し、黄色い花をつける。 花は普通は2輪ずつつく。 「猿候」というのは手長猿ないし河童の別名。 地面を這う茎を手長猿の手に見立てたものだという。



次回へ ・・・・・ 続きます


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0