So-net無料ブログ作成

オキナグサ(翁草) [キンポウゲ科]


303-15 キンポウゲ科 オキナグサ属

北半球の暖帯以北に広く分布し、日本では2種(オキナグサ、ツクモグサ)が生育。直立または斜上する太い根茎がある。根出葉は、羽状複葉~掌状複葉~3出状の複葉となる。根出葉の腋から花茎を立てる。茎につく葉は3枚が輪生する。若い時の葉は長い白毛で被われる。花後に花柱の長い白毛がさらに伸長し、羽毛状になる(イチリンソウ属との違い)。



  1.オキナグサ ~ Pulsatilla cernua

11-1オキナグサ.jpg

栽培のオキナグサ(翁草)


11-3オキナグサ北欧.jpg

茎や花には全体的に白い毛で覆われる


11-4オキナグサ北欧.jpg

花後は種子が付いた白い綿毛となる


撮 影: 1枚目: 山形市野草園 2013. 5. 9.    2~3枚目: 北欧の旅の途中で 2012. 7. 3       

Memo: 山地の日当たりのよい草原や河川の堤防などに生育。根出葉は2回羽状複葉で長い柄で束生し、小葉はさらに深裂する。茎葉は3枚が輪生し、無柄で基部が合着し、先は線状の裂片になる。全体的に白い長い毛におおわれる。花期は4~5月。花茎の先端に暗赤紫色の花を1個つける。開花の頃はうつむいて咲くが、後に上向きに変化する。花弁にみえる萼片は6枚で、外側は白い毛でおおわれる。



  2.オキナグサの仲間 ~ Pulsatilla apiifolia

12-1オキナグサ属 apiifolia.jpg

チロルアルプスの大草原(遠くの黄色の花はキンポウゲの仲間)


12-2オキナグサ属 apiifolia.jpg

茎頂に杯形の単花を付ける 葉や茎は白毛に覆われている


12-3オキナグサ属 appifolia.jpg


撮 影: 1~2枚目: チロルアルプス・ホッホデルゼン 2016. 7. 2.   

       3枚目    : チロルアルプス・ホーエムート 2016. 7. 3.       

Memo: 日当たりの良い草地でアルカリ状の土壌の土地に好んで生育。根生葉は長い柄をもち束生し、茎葉は3枚が輪生する。葉は3出複葉で小葉は2回3出複葉に裂ける茎葉共に白毛に覆われる。



次回へ ・・・・・ 続きます


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0