So-net無料ブログ作成
検索選択

キンバイソウ(金梅草) [キンポウゲ科]


303-12 キンポウゲ科 キンバイソウ属

  1.キンバイソウ  ~ Trollius hondoensis ~

11-1キンバイソウ.jpgキンバイソウ(金梅草)
茎は節ごとに2分岐して直立。茎上部の茎葉は無柄の掌状形。


11-2キンバイソウ.jpg

花弁状に見えるのは萼片梅のような花で黄色~金梅~ご名前の由来だろう。


11-3キンバイソウ.jpg

萼片よりも濃い橙色で、雄しべより細長い花弁が特徴。


11-4キンバイソウ.jpg

花・・・・・UP(濃い橙色が花弁)

撮 影: 霧ヶ峰高原 2011. 7.29. 

Memo:  中部地方と近畿地方の山地~亜高山帯の林縁や草地に生育する大型の多年草。花期:7~8月。草丈は40~100cmで、茎は節ごとに2分岐して直立する。根生葉と下部の茎葉には長い柄があるが、上部の茎葉は葉柄。葉は3全裂し、更に3裂し、裂片には不揃いの鋸歯がある。花は直径3~4cmで、橙黄色で花弁状の萼片が5個つく。花弁は長さ1~1.2cmの線形で濃い橙色、雄しべよりかなり長い。



  2.チシマノキンバイソウ  ~ T. riederianus ~

13-1チシマノキンバイソウ.jpg

チシマノキンバイソウ  ~千島金梅草~


13-2チシマノキンバイソウ.jpg

蕾と花


13-3チシマノキンバイソウ.jpg

萼片(花弁状に見える)は普通5枚


13-4チシマノキンバイソウ.jpg

花弁(細長く雄しべのように見える、濃い橙色)は雄しべと同じ長さ

撮 影: 大雪山黒岳 2012. 7.26. 

Memo:  北海道中央高地の高山帯の主に草地に生育する、高さ20~80cm位の多年草。花期:7~8月。根生葉には長い柄があり、3全裂して更に貴部近くまで深裂する(5出掌状複葉に見える)。裂片には鋭い鋸歯がある。上部のものほど葉柄は短くなる。橙黄色で花弁のように見えるのは萼片。花弁は長さ1~1.3cmの線形で、雄しべとほぼ同長で、濃い橙色。別名キタキンバイソウ。



  3.シナノキンバイ  ~ T. riederianus var. japonicus ~

12-1シナノキンバイ.jpg

シナノキンバイ(信濃金梅)


12-2シナノキンバイ.jpg

花弁状の萼片は5~7枚


12-3シナノキンバイ.jpg

花弁状に見えるのが萼片 濃い橙色が花弁 黄色は雄しべと雌しべ


12-4シナノキンバイソウ.jpg

花弁(雄しべに混じって見える濃い橙色)は雄しべより短い


撮 影: 木曽駒ヶ岳 2011. 7.30. 

Memo:  北海道と本州中部地方以北の亜高山帯~高山帯の草原に生育する多年草。チシマノキンバイソウの変種で、別名エゾノキンビソウ(蝦夷の金梅草)という。花期:7~8月。高さは20~70cm。花弁状に見える萼片は5~7個。花弁は濃い橙黄色で雄しべより短い。



☆☆☆☆☆ 比較 キンバイソウ ~ チシマノキンバイソウ ~ シナノキンバイソ ☆☆☆☆☆

14-1キンバイソウ属花弁.jpg

左からキンバイソウ、チシマノキンバイソウ、シナノキンバイ

花弁(濃い橙色で細長い形)が雄しべより 長い ~ 同じ ~ 短い という違いがある。



  4.セイヨウキンバイソウ  ~ Trollius europaeus ~

15-1セイヨウキンバイソウ.jpg

ホーエムートの斜面を飾るセイヨウキンバイソウ(西洋金梅草)の群落


15-2セイヨウキンバイソウ.jpg

花はこれ以上開かない ~グローブフラワーとも呼ばれる~


15-3セイヨウキンバイソウ.jpg

黄色の大きな花は遠くからもよく目立つ


撮 影: 1・3枚目:ドロミテアルプス・トレチーメ  2016. 7. 3. 

              2枚目    :チロルアルプス・ホーエムート 2016. 7. 6.

Memo:  ヨーロッパの北部から中南部の高山の湿潤な草原や低木地帯に生育。 高さは45~60cm。花期:6~7月。根生葉は長い柄があり、上に行くほど短くなる。掌状に裂け、2~3出複葉(のように見える)。黄色い花をつけるが、花は球状のまま全開しない。花弁状の萼片は10~15枚重なり合う。



次回へ ・・・・・ 続きます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました