So-net無料ブログ作成
検索選択

シラタマノキ(白玉の木) [ツツジ科]


237-29 ツツジ科 シラタマノキ属 



   1.シラタマノキ Gaultheria pyroloides var. miqueliana

11-1シラタマノキ御嶽.jpg

シラタマノキ(白玉の木)


11-2シラタマノキ旭.jpg

卵~球形のつぼ形の ~ 花 ~


11-3シラタマノキ大日岳1.jpg 11-3シラタマノキ大日岳2.jpg

 果実 ・・・潰すとサロメチールの臭いがする・・・


11-4シラタマノキ大日岳.jpg

果実

撮 影 : 1 枚目  :御岳山 2011. 7.22.        2枚目:大雪山旭岳 2012. 7. 24.
             3~4枚目:大日岳 2013. 9.21、22.  
            
Memo:北海道、大山及び本州中部以北の亜高山帯~高山帯の草地や林縁に生育する落葉小低木。枝上部の葉腋に白い花を1~6個付ける。花冠は卵~球形のつぼ形で、先端は浅く5裂し反り返る。花後、萼が肥大して果実を覆って白い玉状になる。果実の赤いアカモノ(イワハゼ)に対して、白い果実をつけることから別名シロモノと呼ばれる。


  2.イワハゼ ~ G. ovatifolia ssp. adenothrix

12-1イワハゼ山形.jpg

イワハゼ(岩黄櫨)


12-2イワハゼ月山.jpg

花柄の萼は濃い紅色で、長い開出毛がある


12-3イワハゼ月山.jpg 12-3イワハゼ五色ケ原1.jpg

花冠の先は外にカールする


12-4イワハゼ.jpg

赤い果実

撮 影 : 1枚目:山形市野草園 2013. 7.13.        2,5枚目:月山 2014. 7. 5.
             3枚目:五色ヶ原   2014. 7.29.        4枚目   :月山 2011. 7.17. 
            
Memo:北海道、本州、四国の山地帯~高山帯下部の林縁に生育する落葉小低木。若い枝には赤褐色の長い開出毛がある。花は白〜淡い桃色で鐘形、浅く5裂する。果実は赤く熟す。赤く熟すので“アカモノ”ともいい、実は食べられる。



次回へ ・・・・・ 続きます


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0